札幌市 鋳物フェンスのフォルムが美しい、つるバラ目隠し景観

三協アルミ キャスタイル

■札幌市手稲区|鋳物フェンスのフォルムが美しい、つるバラ目隠し外構のご紹介です。
施主様より、プライベート空間の目隠しに既存のつるバラを絡ませる背の高いフェンスがほしいとのご要望がありました。

フェンスは三協アルミの「キャスタイル1型」という鋳物フェンスを使用しました。ロートアイアンの特徴を繊細に象形したデザインになっています。「剣先」「バスケット」「ツイスト」の装飾を組み合わせたディティールが、鋳物フェンスの美しいフォルムをつくりだしています。支柱と門扉は、天然木を使用しています。門扉はなめらかに右上がりに変化をつけたやわらかなデザインにしてみました。既設のウッドデッキと同色にすることにより、統一感のある景観となりました。

☆設計者から一言
鋳物フェンスは、バラを引きたたせてくれますね。今回の「キャスタイル」フェンスはどこかクラシックな味わいがあり、さりげない装飾が美しいフェンスです。緑のない季節も、魅せるフェンス景観になりますよ。お施主様と最初の打ち合わせ段階で、もう頭の中にこのフェンスが思い浮かんでおりました(笑)。つるバラとの相性も抜群ですね。緑の葉とお花が鋳物フェンスに絡まる美しさは格別です。

【使用資材】
■三協アルミ キャスタイル1型
before
before16
■before  
vertical
after
キャスタイル
■after  黒い鋳物フェンスにつるバラが絡まって、高級感のある目隠しフェンスができました。

三協アルミ キャスタイル
■鋳物フェンスの美しいフォルム。上は「剣先」、中間は交互に「バスケット」「ツイスト」という装飾がデザインされています。

つるバラ 鋳物フェンス
■つるバラと鋳物フェンスの相性は抜群ですね。