いろえんぴつのブログ

背比べしてみたくなる花 エレムルス

2018年4月27日|カテゴリー「植物
□札幌市手稲区|ガーデン工房いろえんぴつ 植物担当なおこです。


弊社スタッフが毎年楽しみにしているお花があります。

それは雪が融け始める早春に芽を出し、桜が咲くころに葉を広げ、

宿根草が旺盛に繁りだす時期に天に向かって真っすぐに花茎を伸ばし、

この北の大地(札幌)に夏が訪れる前に開花を迎える

存在感抜群の植物「エレムルス」です。


草丈が100~150㎝にもなり、遠くからでも目立ちます。

花穂だけでも40㎝くらいあり、別名の「フォックステイルリリー」もここから名づけられたのかと納得です。

乾燥にも強く、植えっぱなしにしていても球根が分球しているらしく勝手に増えます。

本州では夏に蒸れて枯れることがあるため、花が終わって地上部が枯れたら、

球根を掘り起してバーミキュライトに入れ、秋の植え付けまで保存するのが一般的なようです。

(花は咲き始めたら切り花にすると、すこし長持ちします。大きめの花瓶が必要になりますが……)

放置しすぎてだいぶ混み合ってきているので、そろそろ株間を空けないとまずいですね。

秋になったら頑張ります!


今年のエレムルスの様子↓

エレムルス201804

左がオレンジで右がピンクです。なぜかオレンジの方が成育がいいですね。

日当たりのせいでしょうか?

ちなみにオレンジの方がうちでは古株です。


一昨年の花が咲いたときのエレムルス↓

エレムルス201606

オレンジが2本、ピンクが1本咲いてます。

芽はたくさん出ていても花が付くのはこのうちの数株です。

一人前になるには時間がかかるってことですね!

今年は何株花を付けるのかとても楽しみです。


寒さに強い一年草です。

2018年4月8日|カテゴリー「植物
□札幌市手稲区|ガーデン工房いろえんぴつ 植物担当なおこです。


ようやく春が来たと思ったら、冬に逆戻りしたかのようなお天気が続いております。


先日、弊社のインスタに球根の芽の画像をアップしたのですが、説明文に一部誤りがありました。

ムスカリではなくクロッカスでした。ムスカリはまだ時期じゃなかったですね、失礼いたしました!!

時々植えた覚えのないものが生えてくるので、戸惑うことも多いですが、

それもガーデニングの醍醐味です!たぶん!!(土を入れ替えたりすると特によくあります)

パンジー

本日は一年草のご紹介です。

今年は諸事情がありまして、いつもより早めに会社の花壇に花を植えることになりました。

この時期、植えることができる花は寒さに強いものでないといけないので、

春先の頼もしい味方、パンジー先輩に決定しました!

今回はこちらの三色です。

ミルクセーキ

ミルクセーキ(よく咲くスミレシリーズ)

ライチ

ライチ(よく咲くスミレシリーズ)

いちごみるく

いちごみるく(パシオシリーズ)


どれも美味しそうな名前ですね!名前で選んだわけではありませんが!!

他にもレモネード、ブルーハワイ、マーマーレードなどたくさんの品種があります。

名前の由来はわかりませんが、食べ物縛りでもあるんですかね?

ご興味のある方は調べてみると面白いですよ~!


*パンジーやビオラは色の幅が結構あるので、画像で見るものと実物とでは色の濃さや混じり方が異なります。
 なのでご購入の際はその点にご留意ください。